先行薬と変わらぬ効果

レビトラジェネリックとは、先行レビトラ錠と同一成分塩酸バルデナフィル水和物を20mgの用量の単位とした後発医薬品で有り、ジェビトラやバリフ等がこれに当たり、成分同一とする事から作用や副作用、その他成分が持つ特徴等も同様に有るとされ、国内で先行薬の処方を受ける際にはED治療は健康保険を適応させる事が出来ないと定められているので、その薬価が高く敷居の高い治療とされるのでジェビトラやバリフといった後発医薬品に切り替える事で低価格での治療を始める事ができ、治療への金銭的な負担を軽減する事で継続した治療を行う事が出来るとしています。
レビトラジェネリックは、EDの原因とされる血液が海綿体へと送られる量の低減を改善する事ができ、これを引き起こすとされる精神要因や器質要因に関わらず有効性が有るとされており、その作用は海綿体に常在している酵素5型ホスホジエステラーゼを阻害する事で体内分泌が行われ血管周囲の平滑筋を弛める作用を持つ物質cGMPの分解を抑えるに繋がり、筋肉が弛緩される事で血管が拡張でき多量の血液輸送を陰茎と行う事が可能となります。
又、これは局所的な作用とされているので減退するリビドーを亢進させる事や男性の方の興奮を催す様な媚薬作用等は無いので異なる用途を目的とするのであれば治療に用いる事は出来ないとしています。
レビトラジェネリックの成分で有る塩酸バルデナフィル水和物はその性質から速効性に最も優れたED治療成分とする事ができ、水や99.5%の純度のエタノールに溶け出しが早いとされているので、内服してから上記作用の効き始め迄の時間が非常に短く、空腹時の投与であれば15分から20分程度で効き始めるとされ、その持続性は約10時間にも及ぶとされているので、一晩の性交であれば十分な持続性も持ち合わせています。
ジェビトラやバリフは先行薬と同様にほぼ九割の方に副作用症状が起こるとされ、血管拡張に伴う血圧の低下によるものとしており顔が赤くなる紅潮や目の充血、頭痛等が起きるとされますが作用上、仕方の無い事とされており深刻に捉える必要は無く、効き始めを知らせる症状程度に考えても支障は無いとしています。